自分の話す姿は見えないもの。無意識にしてる?NG話し方の基本確認表

自分では普通に話しているつもりでも、実は相手にイヤな感情を持たせてしまっているかも。マナーや、印象が悪く映りやすい特徴をまとめました。自分がやられたら気になっちゃうのに、他人にやるのは意外と気付けないものです。腕組みや目線の持っていき方だけで変わる、失礼のない話し方になりましょ。

自分では普通のつもり

出典: weheartit.com

自分自身が話している姿を見る機会ってあまりありませんよね。
だからなかなか分からないけれど、普通に話しているつもりでも実は相手は不快な思いをしていたということがあるかもしれません。
当たり前、と思わずに1つずつ確認してみてくださいね。

失礼な話し方…?

(1)声の高さ

出典: weheartit.com

あまりに高すぎる声。
かわいらしい声と受け取ってもらえることもありますが、きちんとしたコミュニケーションには不向き。
無理矢理声のトーンを上げるのは目の前の本人だけではなく、その周りの人も不快にさせてしまう危険もあるので気をつけたいですよね。

耳がキンキンするので不快な印象を与えてしまいます。また、話の内容を聞き取りづらくもなるので、コミュニケーションが難しくなりますね。

出典: www.career-rise.info

(2)腕組みをする

出典: weheartit.com

会話をしながら腕組みなんて!と思うかもしれませんが、意外と抜けないクセはやってしまっているもの。

自分を明かしたくない、という防衛本能から腕組みをしてしまうことが多いんだとか。
相手も、本当のことを話していないと不審がってしまう可能性ありです。

目の前の相手と距離を置きたいという意識のあらわれです。腕を組んでしまわれると、壁を作られているような気がしますね。

出典: woman.mynavi.jp

出典: weheartit.com

もちろん足組みも良くないクセ。
高圧的で、態度が大きく見えてしまいます。

(3)語尾が伸びる

出典: weheartit.com

話している姿は良くても、話し方が問題ありではもったいない。
考えながら話すときにやりがちですが、語尾を伸ばしてしまうのは「鼻につく」感じがするものです。

改善の仕方としては、語尾をしっかりと止めることを意識します。語尾を伸ばさずにハキハキ話すことを心掛けるだけで、大きく変わってくるはずです。

出典: www.super-communication.info

(4)目を細める

出典: weheartit.com

目を見て話す、とかって言いますよね。
けれど、見すぎも禁物。適度にまばたきをして目をうるおわせたり、手元に一瞬目を落とすなどしてみるといいかもしれません。

また、目が悪いとやりがちですが目を細めるのも威圧感を与えてしまいます。

相手の目をじーーっと凝視したまま、という人も。これでは、相手に圧迫感を与えてしまいます。時々は目線を外すべし。

出典: next.rikunabi.com

(5)目を伏せる

出典: weheartit.com

かと言って、目をずっと合わせないのもNG。
目を合わせなければ、信頼感を得られません。
暗い印象を与えてしまうので、特に口数が少ない方は注意した方がよさそうですよ!

目を伏せて話すと、相手に「自信がない」印象を与えがちです。話の内容についても「信用できない」と思われてしまいます。これ以外にも、相手との会話中に視線をさまざまな場所へと散らすのもマナー違反です。

出典: woman.mynavi.jp

ジョリ・エジョリ・エパーフェクトカールマスカラ 商品

AVANCE / マスカラ

ジョリ・エジョリ・エパーフェクトカールマスカラ

¥1,500

目を見る時はしっかりまつ毛の目元にしましょ。

(6)顎を突き出す

出典: weheartit.com

手元がふさがっているけど、何かを指したいときに顎を使ってしまっていることはありませんか?
それ以外に、話しながら段々とあごが上を向いてしまっている人って意外に多いのです。

そうすることで、自然と相手を見下す形になり、不快感を与えやすくなります。

顎(あご)を突き出す方も注意が必要です。顎(あご)が出ると、自然と上を向きがち。相手を見下しているような態度に映ってしまうことも…。

出典: woman.mynavi.jp

好印象の話し方を

?size=l

こんなことやってない、と思っていてもよくよく確認してみると実はやってしまっていたり。
どうせお話をするなら、良い印象を持ってもらいながら会話したいですよね。

名前を織り交ぜる

出典: weheartit.com

失礼になってしまう話し方を気をつけるのと一緒に、もっと好印象の話し方をするなら。

会話をする中で、相手の名前を織り交ぜると印象も付きやすいですし、信頼関係が築きやすくなるようですよ!

適度に名前をちりばめて会話をすることは、いい人間関係を築くに必須の会話術です。とくに何かお願い事するときは、必ず相手の名前を呼んで依頼しましょう。

出典: kiirowa.com

敬語や姿勢は適切に

出典: weheartit.com

もちろん敬語や姿勢も大切。
最初は出来ていても、後になるにつれて気が緩んでくるという人って本当に多いんです。
気持ちは自分でコントロールして、気をつけていきたいですよね。

?size=l

話していて心地いいって思われる話し方をしたいもの。

「きちんと」話せる

出典: weheartit.com

実は気づかないうちにやってしまっていたかも?
失礼なく、きちんと話せるようになりましょ。