今注目の分娩方法!陣痛を少しでも和らげるための出産スタイル2つ

赤ちゃんを授かったら、どんなふうに産みたいのかを考えてみましょう。分娩方法には、いくつかの種類があります。ここ数年で、特に注目を集めている分娩方法の『水中出産』と『無痛分娩』をピックアップしてみました。

自分に合った分娩方法を!

妊娠が分かったら、そこから本格的なマタニティライフのスタートですね。早いうちから、どんな分娩方法で赤ちゃんを産みたいのか考えておきましょう。

  • 普通に産みの苦しみを味わいたいから自然分娩で!
  • 初めての出産で不安だから、陣痛の痛みがない方法で!
  • 病院じゃなくて、自宅で産みたい!

など……出産のスタイルには、いくつかの種類があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

分娩方法を考えることは、お腹の赤ちゃんに対する愛情を一層深めて、出産に向けてポジティブになれます。

赤ちゃんが無事に産まれることを願いながら、ママの不安を少しでも解消できるような分娩方法を選びましょう。

水中出産で陣痛を和らげよう

色々ある分娩方法の中で、陣痛を和らげるための出産スタイルの一つとして『水中出産』があります。人気モデルさんなども体験したことで、話題になりましたね。水中に入ることで、ママは楽にいきめるようになるんだとか……。

ママのお腹では、羊水の中にいる赤ちゃん。それと同じような環境を作ってあげることで、赤ちゃんも出てきやすくなるんです。赤ちゃんがスムーズに産まれてくれると、ママのお産も辛くないですよね。

リラックス効果があり、スムーズな出産ができると注目されている水中出産。

上記のほか、ママの子宮内に雑菌が入ったり、赤ちゃんが感染症にかかる危険性もあります。そのリスクを避けるには、水中出産のための設備がしっかり整った産院を選ばなければいけません。

痛いのはイヤ・・・そんな人には無痛分娩という方法も!

陣痛や出産で痛い思いをするのはイヤ・・・そんな人もいるでしょう。特に初めて出産の場合、痛みに対してとても不安になることも多いはず。痛みを感じることのない分娩方法が、『無痛分娩』です。

無痛分娩は、初産の人や緊張しやすい人にいい方法と言われています。また、血圧が高めの人にも効果的と考えられています。

ひどい陣痛で苦しんだり、難産で分娩時間が長引くことも防げるため、比較的楽な気持ちで出産に臨めますよ。

無痛分娩にしても、赤ちゃんへの影響はほとんど無いです。後陣痛といって、出産後に陣痛のような痛みを強く感じる人もいます。出産当日から次の日にかけて起こり、その後少しずつ治まります。

赤ちゃんを無事に産むために・・・

あなたは、どんな分娩方法を選びますか?どんな分娩方法を選んだとしても、赤ちゃんが無事に産まれてくれて、ママもすんなり回復すれば、こんなに嬉しいことはありません!希望の分娩方法での出産を叶えるため、きちんと産院選びをしたいですね。